大人にもぴったりな革のトートバッグ

トートバッグは、運ぶという意味を持っている鞄であり、一般的には二つの持ち手が付いた形をしたバッグをさして呼ばれています。主流となっているのは、キャンバス地で作られた大きめのバッグを指して呼ばれており、アウトドアシーンや屋外での持ち歩きにも汚れに対してタフでしっかりとした作りをしています。学生さんにとっては、たくさんの本を持ち歩くにもバッグがダメージを受けることもなく、カジュアルなスタイルにもぴったりなバッグとなるのですが、大人の女性が持つとなればスタイルに合わないことにもなってしまいます。
しかし、作られている素材が革であればぐっと年齢に合ったスタイルに合わせることができ、普段用や仕事用としても収納力があることから活躍するアイテムともなります。

豊富な革の種類から選ぶことができる

革には豊富な種類の動物が使用されており、新品でもなじみやすいやわらかさがあるのが羊です。とくに仔羊になると丸めることもできるようなやわらかさがあり、裏はスエードとしても利用されています。豚もスエードとして利用されているのですが、予算的にもリーズナブルな価格で手に入れることができます。スエードは、毛羽があることから秋冬には活躍するファッションアイテムともなります。
他にも、しっかりとした作りに仕上がるのが牛です。光沢感があって上質に見せることができ、さらにしっかりとした厚みがあるのが馬です。これ以外にも、ゴートスキンと呼ばれるヤギやディアスキンと呼ばれる鹿などもあります。
どんな素材であっても、水分に弱いことから雨の日には不安ですが、エナメルレザーのような加工が施されているものであれば安心です。

目的に合わせて大きさや種類を選ぶ

トートバッグと一言に言っても、さまざまな大きさやデザインがあります。一般的には大きめのバッグを指して呼ばれているのですが、ノートが入らないような小さなサイズもあります。また、たくさんの荷物を入れるにはマチ幅が活躍をしますが、全くマチのないデザインもあります。
バッグの口では、何も金具などが付いていないデザインが主流ですが、盗難の危険性から内側にファスナーやマグネットボタンが取り付けられているものも多くあります。
持ち手部分では、布よりも重くなってしまいがちな素材であることから安定性が良い工夫が施されているものも多く、中に芯を入れて手の平の負担を少なくしたものや、幅広タイプも役立ちます。
豊富な種類の中から、目的に合わせたデザインかどうかもチェックして選んでみるといいでしょう。

女性の日常に寄り添うような革商品を取り揃えております。 Epoiのレザーグッズは、優雅さを損なわないように設計から素材選びまでこだわっております。 素材へのこだわりは外観だけではなく、内装にもこだわりました。 Epoi(エポイ)の財布は、カードやお札などの取り出しやすさにもこだわりました。 クロコダイルは艶加工(グレージング)、セミマット仕上げ、マット仕上げがございます。 クラス感が上がる本革トートバッグEpoi